大阪市から目黒区への引っ越し費用の目安とは?

大阪市から目黒区への引っ越し費用は、どのくらいかかるのでしょうか?

 

引っ越し準備

 

目安となる引っ越し費用を以下にまとめました!

 

大阪市から目黒区への引っ越し費用の目安

単身 2,3人 4,5人
約3〜11万 約7〜30万 約9〜36万

※掲載した引っ越し費用はあくまでも目安となります。引っ越しには定価がないといわれるとおり、時期や荷物の量、時間帯や距離、引っ越し業者の違いでも費用は大きく変動します。目安よりも安く引っ越しできる場合もあります。

 

基本情報

  • 大阪市の人口:約269万人
  • 目黒区の人口:約28万人
  • 両市間の移動距離:約496キロ

最大50%ダウン!目黒区への引っ越しを格安で済ませる方法とは?

これから「大阪市⇔目黒区」の引っ越しをするにあたり、引っ越し費用の節約を検討されていますか?

 

引っ越し最安値をゲットしてガッツポーズする男性

 

少し工夫をすることで、引っ越し費用を最大50%も抑えることができますのでご紹介します。

 

引っ越しの業者選びは引っ越しサイトを活用しよう

 

引っ越し業者を選ぶにあたって、業者を一つ一つ調べたりしていませんか?

 

世の中には数多くの引っ越し業者が存在するため、一つ一つ見比べるのは非常に大変です。

 

1社1社電話で同じ情報を何度も伝える…、それだけでも1日潰れてしまいそうですね。

 

その上、業者は単独で依頼された場合には見積額を高く設定しがちです。

 

引っ越し業者

 

スタートから高い設定での業者間の比較となり、時間も割引効果も見込めない、非常に効率の悪い選択となるでしょう。

 

私も経験がありますが、もう3社目くらいでギブアップです…。

 

費用の相場も把握できず疲れた…安いって営業の人も言ってるし、それでいいや…ってなりがちです。

 

もちろん、費用は割高になるケースがほとんどかと‥・。

 

単独で依頼してきたお客に対しては、引っ越し業者の営業マンも強気で営業してきがちです…。

 

そうならない為に、どうすればよいのか?

 

引っ越し業者を選ぶ際には、ぜひ一括見積サイトを活用するのがおすすめです。

 

大手で提携業者の数も多く、実績が豊富な見積もりサイトはこちらです!

 

 

私は転勤族ではないですが、過去6回引っ越しました。

 

見積もりサイトを使わず引越しした経験がある立場から言うと、使わないのはあり得ないと思っています。

 

会社の福利厚生が良くて、全額会社経費で引っ越しを済ませられるような、マネーに余裕があれば別ですが…。

 

見積サイトを利用するメリットには大きく以下の二点があげられます。

 

  • 一社一社問い合わせる手間が省ける
  • 相見積もりでの依頼となり費用の節約になる

※相(あい)見積もり…複数業者で見積もりをとり比較すること

 

優良な見積サイトを利用することで、安全かつ簡単に最安値の業者を選ぶことができるのです。

 

見積もりサイト経由なら料金を自動的に安くできる

 

引越し価格ガイドなどの一括見積サイトを利用すると、複数の業者を簡単に比較検討することが可能になります。

 

実はこの、複数の業者を天秤にかけて選ぶことが節約するうえでは非常に重要なポイントです。

 

理由は、複数の業者間で価格競争が生まれますので、契約してもらうために他者よりも安い金額を提示してきます。

 

条件によるものの、結果としてどんどん金額が引き下がり最大で50%も安くなるケースもあります。

 

仮に適当な大手に1社だけ見積もりを依頼した場合、ほぼ間違いなく「割高な費用」が提示されます。

 

そこに業者間の競争が発生していないため、業者からすると単独で申し込んできたお客はイイカモ(鴨)なのです!

 

それが、見積もりサイトを経由するだけで、業者側には「相見積もり」での依頼と伝わります。

 

他のライバル企業と比較されていることが、自動的に業者側に伝わるのです。

 

最初から相見積もりでの依頼と伝わることで、最初から割安な価格での見積額を引き出すことが可能となります。

 

そのうえで、数社に目星をつけ、さらに訪問見積もりの際に値段交渉をすれば、更に費用を抑えることが可能となります。

 

引越し価格ガイド公式HPはこちら↓
引越し見積もり

 

電話営業に極力対応したくない場合には?

 

見積もりサイトに無料で登録すると、1度で約10社ほどから見積額をゲットできます。

 

ただ、その後には電話での問い合わせが続くことに…。

 

値段交渉には絶対必要なプロセスとなりますが、これは極力やりたくないって人も多いのではないでしょうか?

 

私なんかは、比較的大丈夫な派ですが、妻は絶対に嫌だって言いますね…。

 

業者とのやり取りを極力避けたい場合には、電話営業を避けながら割安価格をゲットする方法を使うと良いでしょう。

 

ただし、最安値での引っ越し費用とはいえませんし、急ぎの引っ越しにも使いづらいというデメリットがあります。

 

  • 最安値の費用ではない
  • 急ぎの引っ越しには使いづらい

 

一度、サービスセンターに引っ越し情報を伝えるだけで、あとは代行して業者とのやり取りをしてくれるサービスがあります。

 

 

上記の見積もりサイトとは違い、業者との値段交渉の機会がほぼ無い状況となります。

 

とはいえ、見積もり比較サイトには違いありませんので、このサービス経由で申し込んでおけば業者に対して相見積もりをとる形となります。

 

単独で依頼した場合とは違い、割安設定での見積額提示となるのは変わりありません。

 

手間は極端に減りますので、費用は割安ならOK!とにかく面倒な営業に対応したくない!

 

そんな人には、こちらの引越し代行サービスが選ばれています。

 

引越しラクっとNAVI公式HPはこちら↓

 

あなたのニーズに合った方の見積もりサイトを利用してみてください。

 

どちらにしろ、単独&自力で引っ越し業者に問い合わせる選択に比べれば実りは大きいでしょう!

 

ぜひ目黒区での新生活を始める前に、賢く節約して快適な新生活をスタートさせてください♪

引っ越しで出た不用品や粗大ごみの賢い処分法とは?

引っ越しなどで新しい場所に移住する場合、不用品やごみを処分しなければならないでしょう。

 

粗大ごみ

 

量が多く一つひとつが大きいと何かと大変ですが、安く便利に片づける方法もあります。

 

大変な思いをしたくないのであれば、できるだけ早めに準備を進めることです。

 

不用品やごみが多いことはデメリット

 

使わなくなった不用品は、あるだけで邪魔になるでしょう。

 

荷物が多くなれば持ち運びが大変であり、荷造りも面倒になるためです。

 

業者に依頼しても荷物が多くなればそれだけ料金がかかるため、引っ越し前に処分しておくことが理想です。

 

引っ越し費用を安く抑える方法として、一括見積をご説明しましたが、この「不用品処分」も地味に効果を発揮します!

 

大型ごみや粗大ごみ、廃品なども同じです。

 

中には普通のごみとして捨てることができないものもあるため、業者に依頼しなければならないでしょう。

 

個人が行えることには限界がありますが、優れた業者を探すと良いです。

 

片づけならエコノバを利用しよう

 

エコノバ|公式HP

 

エコノバは不用品などの片づけを専門とする一括比較の業者で、利用することには以下のようなメリットがあります。

 

  • 自分の条件に合った業者が見つかる
  • 複数の業者に一括で依頼できる
  • 参加する業者は規約をクリアした優良業者である
  • 電話やメールで気軽に相談できる
  • 利用や会員登録は無料となる

 

不用品や各種ごみの処分を行う業者は、全国に複数存在します。

 

しかしそのすべてが優良ではなく、不当に高い料金を設定しサービスの質が悪いところもあるのです。

 

駆け込みで不用品業者に依頼した場合などは、ほぼ間違いなく足元を見られるでしょう。

 

エコノバには規約や審査基準などが設定されており、それらをクリアした優良業者のみが登録されています。

 

その中から自分の条件にあったところを検索できるサービスであり、インターネット環境があれば見積もりができるのです。

 

引っ越しの際に良い業者を見つけたい人は利用してみると良いでしょう。

 

大量にあった不用品やごみも早い段階から処分していれば、引っ越し当日はかなり楽になるのではないでしょうか。

 

エコノバのホームページには都市圏の平均相場などに関する情報も掲載されているため、是非ともチェックしてみてください。

 

エコノバ|公式HP

【確認】引っ越しの前にやる作業や手続き一覧

引っ越しに伴う準備や手続きは非常に多く、引っ越しが大変と言われる理由でもあります。

 

効率よく進めるために、目黒区への引っ越し前に必要な手続きに関して知識をつけましょう。

 

転出届の届出

 

別の市区町村へ引っ越しをするためには、役所に転出届を届け出なければなりません。

 

目黒区へ引っ越しされる場合は、目黒区役所になります。

 

引っ越しの2週間前から届け出証明書を発行してもらえるため、時間があるときに手続きをおこないましょう。

 

健康保険と年金の手続き

 

会社員でない場合、健康保険と年金の手続きも自分でおこなう必要があります。

 

転出届の提出のために役所に行った際に、一緒に手続きを済ませましょう。

 

スマホの住所変更

 

引っ越し前でも後でもどちらでも出来ますが、忘れてしまいやすいため目黒区の新住所が分かっている際には早めに手続きするのがおすすめです。

 

ネットのプロバイダーの手続き

 

プロバイダーの解約の手続きと、引っ越し先での利用の手続きを申し込んでおきましょう。

 

特に申し込んでから工事の予約が取れるまでに日にちがかかることが多いため、可能な限り早く申し込んだ方が無難です。

 

公共料金の手続き

 

主に以下の公共料金の使用中止の申し込みが必要になるため、あらかじめ連絡をしておきましょう。

 

  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • NHK

 

郵便局への手続き

 

前の住居に届いた郵便物を転送してもらうために、転居届を出しておく必要があります。

 

宅急便の手続き

 

郵便局への手続きと同様に、各宅配会社にも住所変更の届出をおこなっておきましょう。

 

駐車場の解約

 

駐車場を借りている場合には、そちらの解約手続きもしなければなりません。

 

契約内容によっていつまでに告知しなければならないか決まっていますので、早めに連絡するのが望ましいです。

 

車にまつわる手続き

 

車関連の手続きは多く、免許証の住所変更や車庫証明の住所変更などたくさんあります。

 

警察署や免許センターなどに足を運ばなければなりませんので、あらかじめスケジュールを立てておきましょう。

 

子供関連の手続き

 

目黒区役所で児童手当の手続きをおこなうのと、通学している学校にて転校の手続きが必要になります。

 

引っ越し前にやらなければならない項目は多いですが、あらかじめ知っておくと効率よくこなすことができます。

 

急を要するものや、早い段階から受け付けてもらえるものから済ませるとよいでしょう。

【確認】引っ越しの後にやる作業や手続き一覧

無事引っ越しが完了し安心したのも束の間、引っ越し後に忘れてはならない手続きは山ほどあります。

 

やらなければならない手続きには一体どのようなものがあるのか、一つ一つ見ていきましょう。

 

ライフラインの開始手続き

 

まず必須なのが電気やガスそれから水道といったライフラインを、開始できるように手続きをしなければなりません。

 

特にガスは開栓の立ち合いが必要ですから、あらかじめ予約しておいた時間帯に立ち会いをおこないましょう。

 

役所関連の手続き

 

転居後には役所に赴きやらなければならない手続きがたくさんあり、主に以下の手続きが考えられます。

 

  • 転入届の提出
  • マイナンバーの住所変更
  • 印鑑登録の再登録
  • 国民健康保険や年金の住所変更手続き

 

転校に伴う手続き

 

子供がいて転校がある場合には、役所や新しい学校にて手続きをしましょう。

 

郵便局の手続き

 

郵便物の転送手続きを引っ越し前におこなっていない場合にはこちらも住所変更が必要です。

 

金融機関の手続き

 

住所変更していなくても使用できるため急を要するわけではありませんが、通帳などの住所変更が必要になります。

 

インターネット回線の手続き

 

新しく回線を引く際には工事の手続きが必要になるため問い合わせをしましょう。

 

免許証の住所変更

 

免許証の住所変更は役所ではできず、警察署や免許センターに足を運ぶ必要があります。

 

自動車の住所変更

 

管轄の陸運局が変わる場合にはナンバープレートが変更になるため手続きが大変です。

 

引っ越し後15日以内と住所変更の期限も定められていることから、計画的にスケジュールを組みましょう。

 

車庫証明の届出

 

駐車場が変更になった際には、車庫証明を届け出る必要がありこちらも15日以内と期限が設定されています。

 

段ボールの片付け

 

引っ越しをするにあたって大量に発生した段ボールの処理をおこないましょう。

 

自治体のごみ回収を利用する他、引っ越し会社の引き取りサービスや廃品回収などを利用する方法があります。

 

引っ越し後にはやらなければならないことが多いため、段取りよく進めていくことが大事です。

 

期限が設けられているものに関しては後回しにできないため、優先的におこなうようにしましょう。

引っ越しについて語ってみた

これまでずっと使用していたエアコンを新しい住居でも使いたいなら、エアコンの引越しをすることも必要です。取り外しや取り付けの工事が必要なので、一定のお金が掛かります。

 

できる限りお安く引越ししようとする場合は、引越しの相場を理解しておくために、複数の業者から見積もりを取った上で比べるとよいでしょう。それを視野に入れて自分にピッタリの業者を決定してください。

 

引越しの荷造りをしている時に出てきた以前使っていた物品なども、処分することを考えましょう。中古品ショップに不用品を処分してもらうというつもりで持って行くと、多少なりともお金になることもあると思います。

 

エアコンの引越しをするということは考えていないと言うのであれば、不用品としての処分が必要です。自治体によっては廃棄物として回収してくれないこともあると聞きますので、詳細に調べ上げてから廃棄すべきだと思います。

 

引越しで発生した不用品を処分したい時に、引越し業者を利用するのも悪くないと言えます。完全無償で処分というのは不可能ですが、酷い思いをすることがないので楽チンだと考えられます。

 

引越しの見積もりと言いますのは、すべての引越し業者がタダで行ってくれると考えて間違いありません。見積もり料金を強要されることはないはずなので、インターネットの一括見積もりを活用して頼みましょう。

 

引越しを考えた時には、決まった業者だけに見積もりを頼むのではなく、目に止まったいくつかの業者に見積もりを作ってもらい、引越し料金を比較する方が賢明です。

 

以前より使っているエアコンを引越しした後の家でも使うとしたら、エアコンの引越しをしなければなりません。それぞれの業者で代金が違ってくるので、見積もってもらって確認をしてください。

 

一括見積もりを効果的に活用して、多数の引越し業者に見積もり申請をするようにしましょう。業者それぞれで代金は大きく異なります。引越しの相場を頭に入れておきさえすれば、安いところを選択することも不可能ではありません。

 

少しでもピアノ運送を安く終えたいなら、ピアノ運送を専門とする何社かの業者に見積もりを依頼してみてください。ただし運送先によっては、かなり高額の出費になることがあります。

 

引越し業者の選択には、現実の引越しと同様に頭を悩ませるに違いありません。名の通った業者だからといった単純な理由だけで決めるようなことはせずに、しっかり引越し業者を比較した上で決定しましょう。

 

名前を聞いたこともない引越し業者に依頼するとなれば、さすがに心配になると思います。引越し業者の評判が載っている口コミサイトを見てみれば、真の評価が判明すると思います。

 

引越し業者を選ぶ際は、引越しと大差がないくらいに頭を悩ませるでしょう。有名な会社だからといった簡単な理屈で絞ることはしないで、適切に引越し業者を比較してから決めることが不可欠です。

 

引越し業者のWEBサイトを調べると判明するのですが、ネットを介する形で見積もりの提示をお願いすると、割安料金となるところも存在します。

 

格安で引越ししようと思ったら、引越し業者の公式サイトも調べてみるとよいでしょう。「輸送用の専用ボックスに荷物をまとめて引越しを実施する。」という「引越し単身パック」を提供している業者は数多く存在します。これから一人暮らしをする学生さんや新社会人、単身生活者の引越しにぴったりです。

 

  • 目黒区役所
  • 住所:〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号
  • 電話:03-3715-1111(代表)
ページの先頭へ戻る